ホワイトニングの注意点

ホワイトニングは誰もが受けられるものではないので、人によっては施術が断られることがあります。
例えば、虫歯や歯周病の状態にいよっては施術ができないですし、歯の汚れの状態によっても効果が出ないので施術ができません。その代わり、先に虫歯や歯周病の治療、歯のクリーニングを行えば、ホワイトニングができることもありますから、医師の指示に従うことが重要です。

また、治療中には人によっては知覚過敏が起こることがあります。これはホワイトニングによって歯の表面が傷ついたりひび割れたりすることがあるためです。
ただし、あくまでも一過性のものであることが多いので、様子を見ることで治っていくことが多いです。心配な時には医師に相談してみるのが望ましいです。

またホワイトニングの治療中やホワイトニング直後の食事には制限が出てきます。24時間以内は色の濃い飲み物や食べ物は退色を防ぐために摂取を避けるべきですし喫煙も控えなければなりません。食事に気をつけることができる状態の時に行うのが理想的です。
また、ホワイトニングを終了しても効果が永遠に続くわけではありません。ホームホワイトニングをしたり、食事や喫煙には気をつけたり継続的な努力が必要なこと、効果の持続期間には個人差があることにも理解が必要です。

Categories: 未分類

オフィスホワイトニングの方法

オフィスホワイトニングには様々な種類がありますし、その治療方法や予算は施術方法によって異なります。また、通院回数も変わってきますから、自分のスケジュールや予算、希望する歯の白さといったもので適した施術方法を選ぶことが重要です。

従来からある最もベーシックなホワイトニング方法がティースホワイトニングです。ホワイトニング剤を歯に塗布して、ハロゲンライトを当てて歯の中にある色素を分解していく方法です。一度の効果は薄いので、複数回施術を繰り返して歯を白くしていくことになります。
この方法が基本となり、照射するライトがアルゴンレーザーとなるとレーザーホワイトニングやスピードホワイトニングというように名称が変わります。レーザーを用いない施術法としてはホワイトニング剤にリン酸やフッ素、ハイドロキシアパタイトが配合されているものを用いて再石灰化をしながら歯を白くするFAPホワイトニングがあります。

自分で事前に調べて施術法を決めても良いですが、プロに歯の状態を見てもらいそれに適した施術方法を行ってもらうことが望ましいです。予備知識として自分の頭の中には施術方法やその予算入れておくものの最終的な判断は歯科医院でカウンセリングを受けながら決めることが望ましいです。

Categories: 未分類

ホワイトニングで白い歯を手に入れる

歯が黄色いのは不潔に見えてしまいます。毎日きちんと歯磨きをしているのに、歯磨きをしていないように思われてしまいますし、タバコを吸っていないのに喫煙者に思われてしまったりします。

特に人前に出る仕事をしている人にとっては歯が白いことはそれだけで好印象を与えるチャンスですから、極力白い歯を手に入れたいと思うものです。
サービス業でなかったとしても、日常生活で歯が黄色いと、口を開くことに抵抗が出てきて人前で話すことが苦手になってしまったり、歯を見せないように喋るようになったり笑ったりすることから不自然な口の開き方から上手に話せなかったり笑えなかったりすることにもつながります。歯並びを治すことは大変ですが、歯を白くすることは歯並びを治すことよりは簡単ですから、是非取り組んでコンプレックスを解消したいものです。

歯を白くしたいと思った時にはホワイトニングをするのがオススメです。自宅でホワイトニング用の歯磨き粉を用いて磨くこともできますが、なかなか効果が出なかったり何個かの手順を踏んで歯磨きが必要なことで長続きしないことがあります。
特に、色素沈着がしやすい人や毎日コーヒーや紅茶、緑茶といった色素のつきやすいものを多く摂取する人はなかなか効果が出ないものです。
そこで、ここでは自分で行うよりも効果の出やすい石に行ってもらうオフィスホワイトニングの種類とその方法、そしてホワイトニングを受ける際の注意点について紹介をしていきます。

Categories: 未分類