ホワイトニングの注意点

ホワイトニングは誰もが受けられるものではないので、人によっては施術が断られることがあります。
例えば、虫歯や歯周病の状態にいよっては施術ができないですし、歯の汚れの状態によっても効果が出ないので施術ができません。その代わり、先に虫歯や歯周病の治療、歯のクリーニングを行えば、ホワイトニングができることもありますから、医師の指示に従うことが重要です。

また、治療中には人によっては知覚過敏が起こることがあります。これはホワイトニングによって歯の表面が傷ついたりひび割れたりすることがあるためです。
ただし、あくまでも一過性のものであることが多いので、様子を見ることで治っていくことが多いです。心配な時には医師に相談してみるのが望ましいです。

またホワイトニングの治療中やホワイトニング直後の食事には制限が出てきます。24時間以内は色の濃い飲み物や食べ物は退色を防ぐために摂取を避けるべきですし喫煙も控えなければなりません。食事に気をつけることができる状態の時に行うのが理想的です。
また、ホワイトニングを終了しても効果が永遠に続くわけではありません。ホームホワイトニングをしたり、食事や喫煙には気をつけたり継続的な努力が必要なこと、効果の持続期間には個人差があることにも理解が必要です。

Categories: 未分類